保育士年収アップ大作戦

保育士として年収アップさせたい方必見!

一派的に保育士は年収の低い職業とされていますが、年収アップを諦める前に転職の方法を考えてみましょう。今は保育士専門の転職エージェントも充実していますので求人は以前より探しやすくなっています。

保育士専門の転職エージェントでおすすめなのが保育ひろばです。理由は業界随一の求人數にあります。一般には公開されていない高待遇の求人も多數含んでいますので、今の環境よりも年収や條件を改善させられる可能性が非常に高いですよ。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度數 詳細
保育ひろば 無料 全國 ☆☆☆☆☆ 詳細
【當サイトがお勧めするポイント】
保育士が、年収アップを考えて転職をするのなら、保育ひろばの利用がもっともおすすめです。保育ひろばは、保育士求人業界の中でもトップクラスの求人數を誇っていますので、多彩な求人案件をみつけることができます。保育園だけではなく、幼稚園や年収高めの院内保育園などさまざまな保育士の働く場所から、希望に沿った求人案件を紹介してもらうことができます。求人の紹介にあたっては、地方ごとの特性を理解しているコンサルタントが擔當してくれて、さらに一般には公開されていない高待遇の非公開求人情報を紹介してもらうことも可能です。また、転職をしたいと考えているけど、どうすればいいかわからないという方は、コンサルタントのカウンセリングを受けることができますので、あなたにぴったりのプランを見つけることができます。

保育士バンク 無料 全國 ☆☆☆☆☆ 詳細
【當サイトがお勧めするポイント】
厚生労働大臣認可の保育士転職専門支援サービスの保育士バンクは、保育士専門のコンサルタントがあなたの希望にあわせて転職をフルサポートしてくれます。保育士の資格は持っているけれど、離職してからブランクがあると言う方や、現在保育士として働いているけれど、待遇や年収に不満があり、よりよい環境で働きたいと考えている保育士におすすめのサービスです。年収に関する希望のほか、お休みをしっかり取れる、福利厚生が充実しているなど、さまざまな條件に合わせて専任のコンサルタントが求人を提案してくれます。もし、まだ転職を検討しているという段階であっても保育士バンクなら無料で相談を受けてもらうことも可能です。たくさん希望條件がある方でも、男性の方でも保育士バンクはしっかりサポートしてくれます。

マイナビ保育士 無料 全國 ☆☆☆☆ 詳細
【當サイトがお勧めするポイント】
求人や人材サービスを數多く提供しているマイナビが提供している、保育士専門の転職サービスがマイナビ保育士です。40年以上にわたって人材サービスを提供しているマイナビだからこその信頼とノウハウで、年収が高い求人や休みがしっかりとれる求人など、希望に沿った求人情報を提供してくれます。保育士として働いているけれどもっと年収が高い職場を探したいという方にも、マイナビ保育士は専門のキャリアアドバイザーが内定までしっかりサポートしてくれます。求人情報を紹介するだけではなく、履歴書の書き方であったり面接に関するアドバイスまでも受けられるのがマイナビ保育士の特徴。また、來社すれば転職説明會に參加することも可能です。忙しくて説明會に參加できない場合には、電話やメールで求人を紹介してもらったり、転職に関する相談をすることも可能です。

>>>保育士転職サイトランキングを全て見る

保育士の年収アップには転職も1つの手段

近年保育園とそこで働く保育士不足が大きな問題になっていますよね。特に都市部は、近隣住民からの反対があって保育園が建てられない、せっかく施設はあるのにそこで働く保育士が不足しているために園児の受け入れができないと、待機児童は増える一方です。

保育士の需要は決して低くはないのに保育士不足はなかなか解消しません。その理由の多くを占めるのはやはり給與の低さでしょう。保育士の平均年収は約310萬円と言われています。學生のアルバイトや主婦のパートのお給料と比べると高く感じるかもしれません。しかしフルタイムで殘業や持ち帰りの仕事も多く、さらに小さな子供を預かるという大きな責任を伴う仕事であるにもかかわらずこの金額はむしろ低い方であると言えるでしょう。長年勤めているベテランの保育士でさえ、月の手取りは20萬円程度、これは一般企業の大卒の初任給とほとんど変わりがないかそれ以下です。子供が大好きで保育士の仕事に就いたけれども、このお給料では生活ができないと辭めていく人も少なくありません。

保育士の仕事を続けたい、でもこのお給料では将來も不安、と今現在悩んでいる保育士の方もたくさんいることでしょう。ここ數年の深刻な保育士不足を受けて保育士の給與を上げようという政府の動きも見えますが、それもどこまで期待できるかは不明です。保育士の仕事を続けながら堅実に年収をアップさせるにはどうすればいいのでしょうか?

一つは職場に掛け合ってみるという方法が考えられます。そんなに簡単に給與がアップするわけがないと諦めている人も多いでしょう。確かに基本給は経営母體の企業や地方自治體が定めるものなので、職場の上司に相談したところで希望が通ることは考えにくいでしょう。ただし賞與や手當に関しては相談に乗ってもらえる可能性もあります。

また、転職するという手段もあります。ただしこれにはある程度の経験があることが條件となります。経験なく転職した場合は、むしろ現在より低い給與からスタートとなる可能性もあります。転職で給與アップを目指す場合、保育士としての資格のほか栄養士やパソコンスキルなど、業務に役立つプラスアルファの技術を身に着けてスキルアップしてから挑むといいでしょう。どのような職場でも、優秀な人材であれば多少多めに給與を支払ってでも採用したいと考えているものです。保育士として求められるスキルがどんなものか良く考え、そのスキルを身に着けられれば給與アップも夢ではありません。

保育士年収の平均は?

近年深刻な保育園と保育士不足がたびたび話題になっています。女性の社會進出に伴い共働き家庭が増え、保育園のニーズは年々高まっているにも関わらず、保育園や保育士は増えるどころか反対に減少傾向ですらあります。その原因の一つとしてあげられているのが保育士の給與の低さ。殘業や持ち帰りの業務も多く、責任も大きい肉體的にも精神的にもハードな仕事であるにもかかわらず、それに見合う給與が支払われないために保育士の職を辭する方が後を絶ちません。実際、保育士の平均年収はどの程度なのでしょうか?

平成27年度の保育士の平均年収は323萬円、月収で22萬円程度となっています。過去數年間で若幹の上下はあるものの、だいたい年収320萬円程度で推移しているようです。年齢別でみると、20〜24歳で平均約245萬円、30〜34歳で約275萬円、40〜44歳でやっと300萬円を超えて約306萬円、平均年収の323萬円台に屆くのは50歳を超えてからとなります。年収323萬円、月収22萬円というと一般企業の大卒の初任給程度です。10年以上勤めているベテランの保育士でもこの程度の給與ということで、やはり保育士の年収は低いと言わざるを得ないでしょう。

低賃金が原因で保育士が不足しているなら保育士の給與を上げればいいのでは、と思われるかもしれません。しかし認可保育園の場合はその収入源が公的な補助金と保護者からの保育料となっています。保育士の給與を上げるにはこの補助金と保育料を上げる必要がありますが、補助金の実體は稅金なのでこれを上げようと思ったら、何かしらの方法で稅収を増やすことが必要になります。また保育料は公定価格で決められていて、保育園が勝手には上げられません。こういった諸々の理由から保育士の給與を上げるのは容易なことではないのです。

現在の深刻な保育園問題を受けて政府の間でも保育士の給與を上げようという動きが高まっています。しかしそれでも年數萬円程度と、保育士不足を食い止める効果があるのかは疑問の殘るところでしょう。ただし基本給自體のアップは難しくとも、自治體によっては補助という形で給與にプラスアルファする取り組みが行われています。特に待機児童問題が深刻な東京や橫浜などでは、採用から5年間は借り上げ社宅の諸費用を月額8萬円まで園が負擔する、保育士の月給を平均2萬円アップさせるといった充実した補助制度が用意されています。


Copyright (C) 2017-2018 保育士年収アップ大作戦 All Rights Reserved.
Differences of habit and language are nothing at all if our aims are identical and our hearts are open - J.K. Rowling, Writer